スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最新・ギリシャ問題について

最新・ギリシャ問題について


とりあえず当面のギリシャの無秩序な破綻には歯止めがかかった形になりましたね!!
わかり易い記事が朝日新聞にあったのでぞうぞ!!




民間投資家に債務(借金)返済の一部免除を求めていたギリシャ政府は9日、
元本(額面)で1720億ユーロ(約18兆6千億円)の国債をもつ投資家が要請に応じたと発表した。
元本全体の83.5%にあたり、目標の90%には届かなかった。
このためギリシャ政府は、要請に応じない投資家がもつ国債の元本も強制的にカットすることを決めた。

 

一部の投資家にとっては一方的に借金を踏み倒されることになる。自発的に債務削減に応じてもらう方針を断念し、削減を強制する「債務不履行(デフォルト)」になった。債務不履行は、先進国としては戦後初になる。

 
ただ、これで昨秋から検討されてきたギリシャの債務削減が実行に移されることが正式に決まった。民間投資家への借金2060億ユーロ(約22兆円)がほぼ半減する。計画通り債務を減らすことができる「管理された債務不履行」になった。かつてのロシアやアルゼンチンで起きた債務不履行のように、突然借金が返せなくなり、金融機関や市場が混乱する、という事態は避けられる見通しになった。


 ほとんどの民間投資家に損をかぶってもらうことになったため、欧州連合(EU)などによるギリシャへの1300億ユーロ(約14兆円)の追加支援が実施できる条件が整った。EUのユーロ圏各国は9日午後に電話会議を開き、ギリシャからの報告を受けて追加支援を実行する方針を確認した。 

                                                                                                                                                                                   朝日新聞より

政策的なデフォルトをするんだろうなというのは大体見当ついていましたけど、
無秩序なデフォルトにならなく、EU(欧州連合)やIMF(国債通貨基金)の第2次金融支援も動き出す見通しで、
当面は資金繰りに困らない形になりそうです。

ギリシャが2次支援を受ける条件は民間投資家の90%が債務削減に賛成しなければいけなかったが、
83.5%だったので強制的な債務削減により追加支援は動き出しそうです。


問題は自発的に債務を削減するか強制するかの違いにあります。



強制的だと保険商品の一種であるCDS(クレジット・デフォルト・スワップ)が発動する事。


CDS(クレジット・デフォルト・スワップ)とは?
‥・簡単に言うと、投資家がCDSを買い付けていた場合、ある国が債務不履行(デフォルト)しても、
保有している国債の金額を補填してもらえる事。


なので、CDS(クレジット・デフォルト・スワップ)をたくさん販売していた金融機関は、
投資家の損失を補填しなければいけなくなるので、補償金の支払いで破綻しそこから
金融危機が連鎖する可能性があること。

08年のリーマン・ショックの後は多くのアメリカのCDS(クレジット・デフォルト・スワップ)を
抱えた保険大手企業が危機にさらされ救済されたケースもある。


まぁギリシャ国債の場合はCDSの売り手が分散されているので、大丈夫かなと私は見ています。


しかし、EU(欧州連合)とIMF(国際通貨基金)が第1次金融支援を決めたたのが2010年5月、
わずか2年足らずでまた追加の支援とは…


理由はギリシャの経済や財政の立て直しが全く進んでいないからである。


正直、いきなり国民に緊縮財政をしろと言ったって反感は買ってしまいますよね(^_^.)


もしあなたが今まで何十年と生活してきた事をやめて節約しろと言われたら
すぐに賛成できますか?生活の質を落とし、今までよりずーっと安い給料になり、年金も少なくなるといきなり言われれば
デモも起こりますよね(^_^.)


国民の気持ちもわからなくはないですが、そろそろ自分たちの為だけではなく、世界各国に多大な影響が
出ていることを考えてほしいもんですね(>_<)



ネットで簡単に買い物



スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック:


登録ブログランキング
ポチっと応援お願いします☆
ブックマーク
プロフィール

ひろCEO

Author:ひろCEO
証券会社で勤務している『ひろ』です。株式・投信や相場状況の事や証券とは全く関係のないお得情報などを配信します。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
ご訪問ありがとうございます!
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
他証券サイト
お気に入りリンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ご意見・ご感想はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。