スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

津波直前までメール「ぜってー死ぬなよ」「死なない!愛してる」

津波直前までメール「ぜってー死ぬなよ」「死なない!愛してる」


東日本大震災の津波に襲われた宮城県南三陸町の防災対策庁舎で亡くなった町職員三浦亜梨沙さん=当時(24)=が、流される直前、交際していた男性に「大津波きた!!」とメールを送っていたことが5日、分かった。やりとりされたメールは5通あり、「ぜってー死ぬなよ!」と呼び掛ける男性に「死なない!!愛してる!!」と応えるなど、緊迫する状況下で互いの安否を気遣い、励まし続けていた。


 亜梨沙さんの母悦子さん(54)は「今年1月に遺体が見つかり、かすかな生存の期待を失い、つらい時期もあった。もうすぐ1年で、メールもやっと見られるようになった」と話している。


 最初のメールは、地震発生17分後の午後3時3分、男性に「6メーターの津波きます 頑張って生きます」と送った。1分後には悦子さんにも「役場流されたらごめん」と送った。電波状況が悪く、悦子さんがメールを見たのは数日後だった。


 男性が3時11分に「ぜってー死ぬなよ!」と返信すると、亜梨沙さんはその7分後「うん、死なない!!愛してる!!」と送信した。防災対策庁舎前の川の水量が増し、多数の職員が屋上に退避し始めるころだ。


 男性は3時21分に「オレも愛してるよ あ、こっちはなんともねぇ」とハートの絵文字をたくさん付けて返信。


 男性も宮城県沿岸部の町で勤務しており、無事を確認した亜梨沙さんは3時27分に「よかった~!!」とメール。続けて「大津波きた!!今役場の防災庁舎の屋上ですか、流されたらどうしよう 私の車は流されるもようです」と送った。


 津波は周辺の家々をなぎ倒し、3階建ての防災対策庁舎の屋上にいた多数の職員が流されたのは3時33分前後だった。男性はその後もメール送信を続けたが、返信はなかった。


 亜梨沙さんの自宅も津波で流され、写真や思い出の品の多くを失った。男性は昨秋、撮りためていた亜梨沙さんの写真やメールを遺族に届けた。


無料で遊べる

スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック:


登録ブログランキング
ポチっと応援お願いします☆
ブックマーク
プロフィール

ひろCEO

Author:ひろCEO
証券会社で勤務している『ひろ』です。株式・投信や相場状況の事や証券とは全く関係のないお得情報などを配信します。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
ご訪問ありがとうございます!
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
他証券サイト
お気に入りリンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ご意見・ご感想はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。