スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

首都圏M7級地震、京大は「5年以内に28%」<朝日新聞>

首都圏直下型地震について、京都大防災研究所の研究者が1月時点で、
マグニチュード(M)7以上の地震が起きる確率を計算したところ5年以内に30%弱となった。
東京大の研究者が昨秋までのデータで試算した4年以内に70%より低いが注意は必要とのこと。




京大防災研の遠田晋次准教授は、昨年3月11日~今年1月21日までに首都圏で起きたM3以上の地震を
気象庁の観測データから抽出。余震活動の減り方の計算式や、規模が大きい地震ほど発生頻度が低い
という法則を組み合わせて、統計的に求めた。




その結果、M7以上の地震が起きる確率は、5年以内に28%!!
30年以内では64%となった。



大震災が起きず、今も地震活動は震災前の水準が続いていると仮定した場合、
発生確率は30年以内で44%と試算された。

                                                        ~朝日新聞より~



地震が起きるかもしれないと言って、会社を移転させたり引っ越したりはなかなかできないですからね(^_^.)
地震が起きない事を祈るしかないですね(>_<)

 最短3営業日で届く!!42のデザインの中からお好みで♪
 今なら無料お試し名刺あります!!↓↓↓



スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック:


登録ブログランキング
ポチっと応援お願いします☆
ブックマーク
プロフィール

ひろCEO

Author:ひろCEO
証券会社で勤務している『ひろ』です。株式・投信や相場状況の事や証券とは全く関係のないお得情報などを配信します。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
ご訪問ありがとうございます!
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
他証券サイト
お気に入りリンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ご意見・ご感想はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。