スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネットショップを開業するにはどうすれば良いか(>_<)

ネットショップを開業したいと思い、ここ最近はネットショップを開業するにはどうすれば良いか?
を色々と調べていました。全くの素人なもので…



ネットショップの開業方法として様々なものがありましたが、メジャーな開業方法を紹介します☆

①パッケージソフトを買う。
・ネットショップの開業・運営システムをパッケージ化したもので、パソコンソフト店やインターネット通販で購入して入手します。ショップページの自動生成機能、CGI(サーバー用のプログラム)によるショッピングカート機能、受注管理機能を搭載した製品ならば、ショップページの作成から運営までを効率的に行うことができ、受注情報などのデータは自分専用のデータベースとシステムによって管理します。一般的に、ネットショップはレンタルサーバーを契約し、そこに公開します。
インターネット上のスペースに自分専用のネットショップとシステムを設置して、独自のドメイン(「http://ショップの名前.com」など)で公開することができます。いわば一軒家の本店を建てるようなものです。


②レンタルショッピングカート(ASP)を利用する。
・レンタルショッピングカートとは、ショッピングカートと受注管理システムを、ASP(アプリケーション・サービス・プロバイダー)のサービスとして提供するものです。ネットショップのページはパッケージソフトの場合と同様にレンタルサーバーを契約してそこに公開し、カート画面以降の受注システムを借りることになります。一般にはショップページの作成機能は提供されないため、ホームページ作成ソフト等で自分で商品ページを作成し、商品をカートへ入れるためのHTMLのタグを貼り付けることによって、ショップページとショッピングカートを連動させます。受注情報はASPサービス会社のシステムの中で管理されます。
月々の利用料金はサービスによってさまざまですが、ネットショップの出店をまるごと引き受けるモールに比べ、比較的安価です。


③モール(ネットショップ出店ASP)を利用する。
・モール(ネットショップ出店ASP)とは、多数のネットショップを集めた、インターネット上のデパートのようなものです。モールに出店するには比較的高額の出店料が必要ですが、ショップページの自動生成機能、ショッピングカート、受注管理機能などを一通り利用することができます。ショップページはASP会社のサーバー上に公開され、受注管理もその中で行うことができるので、別途レンタルサーバーを契約する必要はありません。
モール出店には、モール全体としての知名度による集客が見込めるというメリットがありますが、その反面、自分のショップが他の多くの競合店の中に埋もれてしまう可能性もあります。また、デザインなどが一律になってしまって独自性が出せなかったり、独自のプロモーションやお客様へのアプローチに制約がある場合もあります。



月々にかかる費用や、色々な手間を考えてパッケージソフトを買うのが一番良いかな
という結論にいたりました。


モールは売り上げに応じた手数料、出店費用が毎月かかるし、ASPを利用するとレンタルサーバー月額利用料の他にASP月額利用料がかかってしまいます。


パッケージソフトなら初期費用は少しかかりますが、レンタルサーバー月額利用料
くらいなので♪

そこで注目したパッケージソフトがこれです!!楽天で売っていました☆
↓↓




ネットショップオーナー(^_^)/~

ネットショップオーナーにも色々種類があるみたいでまだ調査段階です(笑)


商品の仕入れなどは、ネット問屋から仕入れることを考えています。
あと友人の会社で色々な商品を扱っているので、在庫をせずに注文が来てから取り寄せる
ような方法も考えています。
またドロップシッピングも検討中!!

早くショップオーナーになれないかな(>_<)



スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック:


登録ブログランキング
ポチっと応援お願いします☆
ブックマーク
プロフィール

ひろCEO

Author:ひろCEO
証券会社で勤務している『ひろ』です。株式・投信や相場状況の事や証券とは全く関係のないお得情報などを配信します。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
ご訪問ありがとうございます!
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
他証券サイト
お気に入りリンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ご意見・ご感想はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。